家をセルフでビルドしたい 大工経験ゼロの俺が3LDK夢のマイホームを6年かけて建てた話


世界のどこかで居候家をセルフでビルドしたい 大工経験ゼロの俺が3LDK夢のマイホームを6年かけて建てた話

(文・写真:阪口克 発行:文藝春秋)

自分の手で自分の家を建てるーーこれこそ「男のロマン」ではないか!
家をセルフでビルドしたい、と思い立ってしまったアラフォー大工素人カメラマンが、6年の歳月を費やし、試行錯誤悪戦苦闘の末、ついにマイホームを自力で完成させるまでを綴りました。汗と笑いと涙の建築記であり、家はどうやって作られるのかを知ることができる実用書であり、ひとりの男が夢をかなえる年月を追体験できるノンフィクションです。

笑って!小屋作り 50万円でできる!?セルフビルド顛末記


世界のど笑って!小屋作り 50万円でできる!?セルフビルド顛末記

(文:中山茂大 写真:阪口克 発行:山と渓谷社)

帰ってきたお騒がせコンビ、人力社の中山茂大・阪口克が、『古民家再生』に続いて「おしゃれなアネックスを作ろう! 」と再び立ち上がった!

古民家再生した母屋の裏手に、今回も超低予算の「50万円」で、
材料調達はもちろん、土地整備、コンクリート基礎、設計、内装まですべて自前で完成するまでの全プロセスを、
詳細な写真付きで収録。

前回以上にパワーアップ&スキルアップした二人が、
数々の失敗にもめげずに、くじけず、前向きに(ときどき悪態をつきながら…)
ついに「夢の小屋」を完成させる姿を見れば、きっとあなたも自前で小屋を作りたくなる!

オーストラリア 毎日わくわく! ビリーの海ぐらし (世界のともだち)


オーストラリア 毎日わくわく! ビリーの海ぐらし

(文:中山茂大 写真:阪口克 発行:偕成社)

オーストラリアの東海岸にある、バイロンベイ。1年じゅうあたたかく、世界中からサーファーがあつまる自由な雰囲気の町です。この町で、ビリーはのびのびとくらしています。朝のマーケットで新鮮な野菜を買って朝ごはん、広いお庭で兄弟とかけまわったり、お父さんのバギーにのせてもらったり。気が向けば、はだしのままで、スケボーに乗って海へ! 毎日が夏休みのような、ビリーの海ぐらしを紹介します。 将来友だちになるかもしれない、だれかの毎日。世界36か国で写真家が撮り下ろした、「世界のともだち」シリーズの29巻目。

世界中からいただきます!


世界中からいただきます!

(文:中山茂大 写真:阪口克 発行:偕成社)

モンゴルの羊肉のむし焼き、カンボジアの春雨サラダ、パプアニューギニアのブタの丸焼き、ハンガリーの牛飼いたちのシチュー、ギリシャのムール貝、イエメンの大きなパン、モロッコのタジン、ペルーのネズミ「クイ」の塩焼き…世界中、十七の地域で居候して食べてきた「ふつうのごはん」と、ごはんを作る「台所」を大公開!

世界のどこかで居候


世界のどこかで居候

(文:中山茂大 写真:阪口克 発行:リトルモア)

図々しくも世界のどこかのご家庭に「おじゃまします!」。一泊二泊ではお客さん、三日を過ぎて「いてもいなくてもどっちでもいい」と思われて初めて居候。モンゴル、イエメン、パプアニューギニア、インド、モロッコ、ネパール、カンボジア―ライター&カメラマンの「居候」コンビが覗いた、世界のどこかのふつうの人のふつうの暮らし。