世界のどこかで居候


世界のどこかで居候

(文:中山茂大 写真:阪口克 発行:リトルモア)

図々しくも世界のどこかのご家庭に「おじゃまします!」。一泊二泊ではお客さん、三日を過ぎて「いてもいなくてもどっちでもいい」と思われて初めて居候。モンゴル、イエメン、パプアニューギニア、インド、モロッコ、ネパール、カンボジア―ライター&カメラマンの「居候」コンビが覗いた、世界のどこかのふつうの人のふつうの暮らし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です